私たちもここで薬事法の資格を取得しました! 薬事コンサルタント 中澤
中澤 忠之
コンシェルジュ 金子剛
金子 剛
東京大学大学院 博士(学術)
薬事法管理者、コスメ管理者資格保有
法政大学非常勤講師、薬事コンサルタント。
薬事法ドットコムおよび薬事法.net コンシェルジュ。
コスメ管理者男性第一号。
大学卒業後、20数年間化粧品業界に勤務。

現在資格を目指して講座を受講しておられる  既に資格を取られた皆様  薬事法管理者認定資格にご興味のある方 

薬事法.net

薬事法ドットコム


infomation

▼2018.2.6
来る3月7日(水)は、YDCセミナー「第三者サイトはどこまで使えるのか?適法かつ効果的な手法は?」を開催させていただきます。行政による広告規制の強化やGoogle検索アルゴリズム変更に伴い、従来のアフィリエイトや記事サイトなど、第三者サイトの活用にも大きな見直しが迫られています。このような環境変化に直面し、より適法かつ安全、そして何よりも効果的・効率的な第三者サイト活用方法とは何かが問われており、その答えは日々多くの現場情報に接するYDCのようなエキスパートでしか得ることができません。今回は、様々な規制をクリアするとっておきの秘訣はもとより、最も有効なオウンドメディアの活用術など、これからの時代のWEBマーケティング必勝パターンを逸早くご紹介いたします。人気テーマにつき早期売り切れも予想されますのと、2月20日まで早割特別料金の適用もごさいますので、お申込はどうぞお早めに!詳しくはこちら

▼2017.12.11
来る2月15日(木)は、「医療広告新ガイドライン内定~どう進めればよいのか?今後のクリニックマーケティング・遠隔診療」を開催する運びとなりました。 来年6月に施行される広告規制の変更により、これまでOKだった体験談やビフォー&アフターが原則禁止されるクリニック広告。従来のSEOやアフィリエイトなど、集客方法そのものから抜本的な見直しが迫られることになります。はたしてこの変化を乗り切る知恵はあるのか?いま新たに注目される遠隔診療の活用術を含め、とっておきの最新情報をご提供いたします。1月12日までは早割の適用もございますので、お申込はどうぞお早めに!詳しくはこちら

▼2017.11.22
来る1月17日(水)は、2018年最初を飾るセミナー第一弾、「2018年化粧品ビジネスで成功するリーガルマーケティング~錯綜する規制を読み解き2018年で勝てるポジショニングを示します」を開催する運びとなりました。 2017年7月に消費者庁からリリースされた打消し表示に関する報告書は、その後予想された通りの大規模な措置命令へと帰結し、健食のみならず化粧品マーケティングの今後の在り方をガラリと変えるほどの大きな衝撃を与えました。しかしながら、この環境変化は業界にとって逆境であると同時に、その対処の仕方によっては、これを逆に大きな機会へと変えることも可能です。当セミナーでは、現在特に注目を集める化粧品マーケティングの最新事例をご紹介しながら、これから最も有望な化粧品ビジネスのヒントをお教えします。12月1日まで早割適用もございますので、お申込はどうぞお早めに!詳しくはこちら

▼2017.11.10
来る12月13日(水)は、本年最後の弊社セミナー「中国・台湾にECで健食・化粧品を売る方法 ~ 仕組・成功事例・規制・違反ペナルティー」を開催いたします。圧倒的な市場規模を誇る中国・台湾マーケットを相手に、越境ECのスキームをうまく活用し、急速に業績を伸ばすプレーヤーが続々と現れています。その一方で、対中貿易には日本人にわかりづらい規制やペナルティーなど一定のリスクも存在しますので、それらの知識なしではなかなかハードルが高いのも事実です。今回は対中越境ECの実務経験豊富なゲストを迎え、その成功のカギをお教えします。11月22日までのお申込には早割もございますので、お申込はどうぞお早めに!詳しくはこちら

▼2017.11.10
来る11月29日(水)に、弊社クローズドセミナー「見えてきた2018年度の機能性表示!改訂ガイドライン・Q&A・非公開運用基準を基にしたポジショニングの定め方」を開催いたします。来年4月で発足から早3年、機能性表示食品制度はここに来て大きなターニングポイントを迎えています。これまで100件以上の機能性届出関与実績を誇る薬事法ドットコムだからこそ、なかなか表には出ない情報をもとに制度の今後を予測し、知っておくべき新たな必勝ルールをご提案いたします。なお、情報の秘匿性を考慮し、今回は少人数のクローズドセミナーとさせていただきますので、お申込はぜひ今すぐ!詳しくはこちら

▼2017.10.4
来る11月17日(金)に、弊社セミナー「葛の花広告に措置命令!どうすればいいのか、今後の広告制作」を開催いたします。「打消し表示」に関する消費者庁の7.14報告書は、例の葛の花広告に対する措置命令にも密接に連動していますが、じつはこれも1年以上かけて水面下で進められてきた動きの一端でしかありません。当セミナーでは、表向き全く報道されない規制の実情と共に、実際の処置命令事案の分析に基づくこれからの広告施策の在り方をわかりやすく解説いたします。10月13日まで早割の適用もございますので、どうぞお申込はお早めに!詳しくはこちら

▼2017.9.8
来る10月11日(水)に、弊社セミナー「消費者庁7.14報告書もクリアーできる、ティーアップコンテンツを使ったブレークスルー戦略!」を開催いたします。いわゆる「打消し表示」に関する消費者庁の7.14報告書は、すでにその内容に沿った措置命令の発動も時間の問題と言われ、ともすれば、これまでの広告戦略に大きな見直しを迫るほどの潜在的リスクとなっています。当セミナーでは、日々厳格化される規制を単にクリアーするだけでなく、逆にこの機会を活用して他社をリードするための「メディカルコンテンツ」、「No.1戦略」、「世界初戦略」など、これからの施策として有望なティーアップコンテンツ活用術を伝授いたします。タイムリーなテーマにつき早期完売が予想されますので、お申込はどうぞお早めに!詳しくはこちら

▼2017.7.10
■■■■■■【重要】事務局移転のお知らせ ■■■■■■

2017年7月10日より、当薬事法有識者会議事務局は下記新住所へ移転いたしました。

〒160-0022
東京都新宿区新宿4-3-17 FORECAST 5階 クロスコープ内
BM薬事法有識者会議事務局

※従来のメールアドレスや電話・FAX番号に変更はございません。

▼2017.3.6
■■■■■■【重要】「資格認定証書」廃止のお知らせ■■■■■■

薬事法管理者およびコスメ薬事法管理者の両資格につきまして、これまで資格取得初年度に限り発行・送付させていただいております資格認定証書を、誠に勝手ながら、2017年4月以降の新規認定分より廃止させていただくことになりました。なお、これまで通り写真付き資格認定証(認定カード)を、新規資格取得者および資格更新者向けに毎年郵送させていただくことに変わりはございません。以上、何卒よろしくご理解くださいますようお願い申し上げます。